小さな生活を楽しむ

ぬか漬けやってみた

ミニマリストの方のブログで「ぬか漬け」をしている人がおり、私もやってみたくなりました。
なんだかとってもおいしそうなんです。そしてミニマリスティック!

漬物ってなかなか買いづらい。量が多かったり味が好みでなかったり。
自分で浅漬け作ったこともあって美味しかったんですが、そこまでして食べたいかというと微妙。わたし、調味料の分量、覚えるの苦手なんですよね。

ぬか漬けなら糠床につっこむだけだし延々と繰り返し使えるらしいし、味もよくは知らないけど定番的なおいしさがあるのでは?と思った。
それにぬかとか発酵食品って栄養豊富らしいのではかどりそう。

ぬか漬けにはぬか漬けの手間もあると調べるうちに分かりましたが、「楽しめそうな種類の手間」な予感がしました。
捨て漬けしたりぬか床を混ぜたり色々足して調節したりする手間、なんだか「クリエイティブな手間」な予感。

中村食品 河村さんちの鉄粉ぬか床 1kg

中村食品 河村さんちの鉄粉ぬか床 1kg

これ選んだのは1kg600円で安かったし人気があったから。1000円くらいの時もある。アマゾンは在庫数によって価格が変動するので注意です。

そういえば何気にほしい物リスト公開しています(笑)よろしく


まさかこんなに多いとは。半分は予備で保存。粉末で助かった~

ここからさらに減らしました。その分はジップロックにいれて冷凍保存

正確には「穀物メインの安いドッグフードの匂いをやわらげたような匂い」

まずかったです

たくあんもぬか漬だそうです

ばあちゃんちの匂いの正体が図らずも判明してしまった瞬間。でもばあちゃんちでぬか漬見たことないな…昔つくってた匂いが家に染み付いたのだろうか

これ、ぬかくさく塩辛かった。大根はモロぬか床の状態を反映する模様

大根2回目。これは塩辛かったけどいい線いってるような?塩抜きしてみる

塩抜きした。まだまだだけど、確実によくなってきている。


この育ててる感、いい。
味も自分好みに調節できるらしい。手始めにだし昆布を入れてみた。次はゆずの皮を入れたい。


たぶんぬか漬の一番のめんどくさポイントは「かきまぜる」ことだと思います。常温のときは日に1~2回、だとか。かき混ぜないと菌のバランスが崩れてカビが生えたりするらしい。(カビが生えても復活可能らしい。スゲー。)
私はそんなに量食べないので今はゆっくり漬かるよう冷蔵庫に移動しました。冷蔵庫だとかきまぜる頻度も落としていい模様。
1週間に1度混ぜるだけでよい商品もあるみたいです。
家を長く空けるときは冷凍庫に入れとくとか、やりようは色々あるようで。

さて、これからどれくらいおいしくなるだろう。
ほとんどの野菜はぬか漬にできるらしいから、色々ためしたい。
肉や魚やこんにゃくも漬けられるんだって。


(6/28追記)さっそく失敗しました。常温管理のほうがおいしくなるという記事を見てシンク下に置いていたらすっかり忘れてしまい、カビっぽい白いものに覆われ+きついシンナー臭が発生。変色部分を捨てぬかを足し冷蔵庫に入れて蘇生を試みています。が、そもそも私にはぬか漬が向いていないようです。ぬか漬は、北の民や漬物を酒の肴にする人には向いてるかもしれません。しかし気温が高い&のんき気質&甘い漬物が好きな南の民には向いていないかも…。たくあん好きだしと思って始めたところがありますが、よくよく調べるとたくあんはぬか漬といってもかなり大掛かりな手間がかかるようです。でも工夫しだいだと思うので今後も余った食材を入れて挑戦していきたいです。